So-net無料ブログ作成
前の6件 | -

Sonus Faberの高級スピーカーが…。 [スピーカー]

Sonus Faberというと、イタリアの著名なスピーカーメーカー。いまや多くのラインナップを抱え、安価な製品もありますが、上級モデルはさすがに高価。

それだけにそうした上級モデルが中古に出回ることは少なく、また、あるとすればその価格も高価なものになりがち。

STRADIVARI Homageもそんな同社の高級モデルであり、同社を代表するスピーカー。

それがヤフオクに出品されているのを発見。その情報http://audiophile1.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

このスピーカーはもともとペア480万円が、このところの円安でさらに定価上昇。ペア540万円にまでなっています。

それでも、この機種は同社を代表する名機として各所で高い評価を受けている現代の名機のひとつです。

これを中古で取引するというのは売るほうも買うほうもすごいですが、実際にヤフオクに出ていました。

もう取引は終わってしまったようですが、一体いくらで落札されたのでしょうね。


nice!(0)  トラックバック(0) 

プレミアムシアター ◇ベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサート2011 [クラシック音楽番組(FM・BS・TV)]

プレミアムシアター
◇ベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサート2011【5.1サラウンド】
◇喜歌劇「こうもり」(ヨハン・シュトラウス)
◇クラシック名曲への道 ショパンの面影 ワルシャワ

◇ベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサート2011
23:30:00~1:09:00

<曲 目>
スラブ舞曲集 作品46から 第1番(ドボルザーク 作曲)
交響的舞曲 作品64 (グリーグ作曲)
ピアノ協奏曲 イ短調 作品16(グリーグ 作曲)
道化師の朝の歌(ラヴェル 作曲)
楽劇「サロメ」から サロメの踊り(リヒャルト・シュトラウス 作曲)
バレエ音楽「火の鳥」から (ストラヴィンスキー 作曲)
ハンガリー舞曲 第1番(ブラームス 作曲)
スラブ舞曲集 作品72から 第7番(ドボルザーク 作曲)

<出 演>
(ピアノ)エフゲーニ・キーシン
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指 揮) サイモン・ラトル


収 録:2011年12月31日
ベルリン・フィルハーモニー(ドイツ・ベルリン)
nice!(1)  トラックバック(0) 

オンキヨーがA-9000Rなどの新製品 [オーディオ・ビジュアルニュース]

PCオーディオに注力するオンキヨーから今年も関連の新製品が続々登場。

USB対応のプリメインやネットワークオーディオプレーヤーなど。

「A-9000R」がUSB端子搭載プリメイン。

ネットワークプレーヤー「T-4070」。

CDプレーヤー「C-7070」など。

気になるのは役割がきれいに分かれていることで、どれか一台でも外すと、CD、ネットワーク、USB、ヘッドホンを同時には使えない。

リンみたいにオールインワンの機種を同社には期待したいところでもあります。

「A-9070」がUSB非搭載プリメイン。PCに興味のない人にはこちらを。

いずれにしても同社にしては久しぶりの本格プリメイン。そういう意味でも注目。
nice!(1)  トラックバック(0) 

鬼才ノリントンの魅力(2011年 5月8日放送) [クラシック音楽番組(N響アワー)]

5月8日の放送は、最近の演奏会から、「鬼才ノリントンの魅力」

ロジャー・ノリントンはオリジナル楽器によるオーケストラ、 ロンドン・クラシカル・プレイヤーズを組織し、古楽演奏のスペシャリストとして有名ですが、近年はモダン・オケにも進出。それもウィーン・フィル、ベルリン・フィルなどのトップオケ。

古楽奏法を取り入れた演奏で活躍の場を広げています。

今回は得意のベートーヴェンに加えて、後期ロマン派のエルガーも演奏。

いったいどんな演奏を繰り広げるのでしょうか。

エレジー    ( エルガー作曲 )
交響曲 第1番 ハ長調 作品21    ( ベートーベン作曲 )
交響曲 第1番 変イ長調 作品55 から第4楽章    ( エルガー作曲 )
管弦楽 : NHK交響楽団
指 揮 : ロジャー・ノリントン

収録: 2011年4月16日, NHKホール
nice!(0)  トラックバック(0) 

PlayStation Network/Qriocityの個人情報流出、AVファンにも影響か [オーディオ・ビジュアルニュース]

2011年4月21日よりPlayStation NetworkおよびQriocityの障害が発生していました。

そしてその原因調査の結果、驚くべきことに、PlayStation NetworkおよびQriocityに対する不正アクセスにより、2011年4月17日から19日にかけて、以下のような利用者のアカウント情報が漏洩していた可能性があると判明したというのです。

ユーザーがPlayStation Network/Qriocityに登録したパスワード、オンラインIDのほか、氏名、住所、Eメールアドレス、生年月日。また不正アクセス者が入手した可能性があるものとして、購入履歴、請求先住所、パスワード再設定用の質問への回答等のプロフィールデータ、サブアカウントに関する同種の情報を挙げている。

さらに、現時点では形跡は見つかっていないものの、クレジットカード情報を登録していた場合、クレジットカード番号(セキュリティコードを除く)や有効期限に関する情報が、不正アクセス者に入手された可能性もあるそうです。

全世界で7700万人分(アカウント単位)という大変な人数でもあります。

さて、このことは少なからぬオーディオ・ビジュアル愛好家にも関係あるでしょう。

プレイステーション3は、発売当初からゲーム機としてよりもそのオーディオ・ビジュアル機器としての高性能ぶりからとくにホームシアター派の愛好家にとっては持っていて当たり前の感がありました。

ですから今回の騒動にも相当数のAV愛好家が巻き込まれたと思われます。

勝手にクレジットカードが使われる事態やそのほかのことは絶対に避けなければなりません。

関連サイトに対処法などあると思うので、そちらを参考に該当する人はどうかうまく対処なさってください。

nice!(0)  トラックバック(0) 

総務省、東日本大震災の一部被災地域での地デジ移行延期の模様 [オーディオ・ビジュアルニュース]

今年7月24日に予定されていた地上デジタル放送への全国一斉での完全移行を、東日本大震災で被害の大きかった岩手・宮城・福島県に限り延期する方針を、総務省が固めた、との報道がありました。

もともとこの日程でできるのか疑問に思っていましたが、さすがにこの地域での計画通りの移行は無理であると判断したようです。

いまのところ、この3県のみのようですが、被害地域はもっと広く、これだけで済まない気がします。

しかし今回のことでいくらネット社会になってもやっぱりテレビが大事だということも再認識されたようで、それだけに地デジ難民のような人が出て、テレビが見られない、という状況だけは避けてほしいところです。


nice!(0)  トラックバック(0) 
前の6件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。